昇らぬ太陽の怪物

世界観

その日、世界から「太陽(希望の光)」が消えた――
人間を食らう怪物「アンシャイン」が蔓延る世界で戦う「アンシャインハンター」。
太陽を食らいつくそうとする怪物「アンシャイン」。
そして悪を滅するために我が道を行く「元英雄たち」。
殺伐とした世界で絶望に抗い戦い続ける者たちの結末は……


キャラ設定

【元英雄と身勝手な怪物】

マレット
キノコ王国の「元英雄」。悪に対しては冷酷無慈悲で合理的。
アンシャイン(悪)をこの世から抹消するためなら手段は選ばない。

マレット=マンドレイク
マレットにとりついている最上級のアンシャイン。狡猾で自己中。
マレット以外の人間も同族のアンシャインも関係なく、自分が不愉快だと感じたヤツを殺す。

【怪物を倒す者たち】

≪アンシャインハンターズ≫

ウェッジ
ダイヤモンドシティを中心にアンシャインハンターの活動を行う「ポロッカーズ」のリーダー兼小さい人。
勝気で強欲な関西弁ガール。低身長症で喘息持ちだが親譲りのたくましさと根性で全然くたばる気配を見せない。

ヴィンセント
同じく「ポロッカーズ」の大きい人。ハイテンション怪力オネェ。
秀才タイプであらゆることが幅広く何でもできる。家事も得意で料理好き。

ヴァレンタイン
同じく「ポロッカーズ」の中くらいの人。ポロッカーズの中だと一番感性がまとも。
赤子の時に親に森に捨てられたところを、森に住むチョロボンたちに拾われて育てられたので、今でも時々野性的で獣っぽい言動が目立つ。

マドロミ・ペスカ
薬屋「香蓮堂」の唯一の店員。ケミカルの恋人でバカップル。毒々しい蛍光色のお菓子が大好き。気の良い変人。
薬剤師として腕を磨いてきたはずだが、どんな薬を作っても「毒」になってしまう特異体質のせいで、ケミカルと会うまでは他の薬剤師たちに疎まれてきた。

ケミカル・メディッサ
薬屋「香蓮堂」の店主。マドロミの恋人でバカップル。身長2m越えでガタイがいいが、こう見えて「女」。
元は「天才薬剤師」として有名な人間だったが、マドロミを庇ってアンシャインに襲われ、右半身が「アンシャイン化」してしまい、人前に出られない姿になってしまった。
今はいつ理性を失ってアンシャイン化してもおかしくない状態。

カラス
「ファントムウッド」を守るチョロボン族の長。ヴァレンタインの兄貴分でもある。

ズンダモチ
ケミカルに飼われているアンシャイン。見た目に反して腹黒い。

ルカイン
「ファントムウッド」で迷っていたところをポロッカーズに偶然助けられた青年。
温厚で非戦闘要員なただの一般人…と思いきやとんでもない爆弾を抱えている。


≪クッパ軍≫

レンジャー
本名は「クッパJr.」。クッパ軍の次期大魔王となる者。
この世界のクッパ軍は失踪した英雄マレットに代わり人助けをしている。豪快で家族や部下想いの好青年。

ゾネリ
クッパ軍で保護されている謎の少女。本来は人間だが、様々な事情により「自分はクッパの娘でありクッパJr.の妹」と信じ込ませられている。

≪ゾネリ護衛隊≫
ゾネリを守るために結成された特殊部隊。みんないちいちクセが強い。
※後日編集


【アンシャイン】

コンスタート・ファミリー
アンシャインの中でも最強といわれる「最上級」のアンシャインたち。
彼らもまた他のアンシャインと同じように、人間を食らいその力を高めていく。
同じく最上級のアンシャインであるマレット=マンドレイクを取り返すために、マレットを殺害しようとしてくる。
※後日編集


  • 最終更新:2017-02-26 17:16:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード